まもなく始まる鴨川シーワールドのシャチのサマースプラッシュ

日本では、北海道沿岸でシャチの出現が多かった為、アイヌ語でシャチをレブン・カムイ(沖をつかさどる神)と呼びシャチが登場する神話がある。又、古代人によるシャチを型どった偶像も出土している。根室海峡では主に知床半島の北東岸・羅臼から相泊沖で流氷時期と夏に 、数頭から十数頭の規模の群れが時々観察されている。 一般的にシャチは冷水域を好みますが、世界中の海域に生息し、クジラ目としては珍しく地中…

続きを読む