鴨川シーワールドのシャチの魅力が20分でわかる動画がコレ


雄大な太平洋を背景に繰り広げられる海の王者最強敵なし、シャチの驚愕スーパーアトラクション。好奇心が旺盛で性格が優しいシャチがトレーナーさんとふれあい、オースタ観客2000人+立ち見フルボッコ必至。大迫力のジャンプ&ブッかけ&ダイナミックなパフォーマンスショーを開催していますwww

ミュージシャン・ケリークラークソン
曲名 my life would suck without suck 
オリジナル https://www.youtube.com/watch?v=cRM70...

海の中では食物連鎖の頂点に立ち、知能も高く最強のクジラ目マイルカ科の最大種で、狩りは超一級、コミュニケーションにも長けており、自ら発した音の種類を使い分けることができる。シャチは嗅覚がない代わりに聴力と視力が優れていて、特に聴力に関してはこの秀でた聴力を使って、エコロケーション(反響定位)という方法で周囲の状況や捕食対象等を確かめる事ができます。エコロケーションは自分の発声した音がぶつかって戻ってきたところを感知して、方向や障害物の位置や状態を知る方法です。このエコロケーションによって、数100キロ離れた仲間ともコミュニケーションが出来ると言われています。

特徴的な高くそびえ立つ背ビレは雄で約1.8M、雌で約0.9Mにはなり、成体の雄の背ビレは三角形で前方に傾斜していることがあります。大きな卵形の胸ビレは成体の雄の場合、2Mにもなります。体色は下顎、尾ビレの下面、下顎の先端から尿生殖溝に至る腹側面は白く、又、白い斑紋が背ビレの後方部の体側部分へ伸び上がり、目の上後方にも白く丸い斑紋(アイパッチ)があります。背ビレの後ろの鞍型斑と呼ばれる白っぽい灰色の部分以外は黒で、個体群により細い黒色のケイプを含む背中の黒い部分の下方に濃い灰色の部分があります。

大体の個体が冷水域を好むが、熱帯域で見られることもある。食性はアザラシ、トド、クジラ、オタリア、ペンギン、イルカ、ラッコ、魚類、タコ、海鳥等を捕食し、集団により違いがあり魚を捕食する個体や、主にほ乳類を捕食するなどの違いがある。群れで行動し自分たちより大きなクジラを襲うこともある。

シャチは獰猛でもあるが、人間には懐きやすく訓練すれば適応も高い。

自然界で天敵は存在しない。獰猛で貪欲な捕食者として知られているが、シャチは心の優しい哺乳類で、捕食する以外の目的で生き物を殺すことはしない。アザラシを捕食する際も子供に狩りを教えるために必要以上にもてあそぶ時がある。




チャンネル登録+最新動画はここから