最強のシャチは世界最大の動物であるシロナガスクジラまで襲う


シャチの特徴は、上側は黒く腹面は白色で、両目の上方に白い模様(アイパッチ)があります。背びれの根元には模様があり、水中ではカムフラージュ効果があるとされ、各個体の模様はそれぞれ異なるため、背びれの形状とともに個体識別に役立ちます。頭部は円錐形で特にオスの背びれは大きく2Mにも達し、肉食動物で、獲物を飲み込みやすい大きさに引き裂くために鋭利な歯を持ち合わせます。

現在、鴨川シーワールドでは4頭のシャチが日々精進し、皆さんのお越しを今か今かと待っています。この4頭のシャチは全員女子の家族。ラビー、ララ、ランの3姉妹とラビーの娘のルーナの4頭すべてがワンダーウーマンで、簡単な見分けは個体差ならパっと見、大きいい順にラビー、次いでララ、この2トップが大きいので比較的わかります。次にラン、一番小さい子がルーナです。ラビーとララは体系は殆ど同じなので、泳いでいるとわかりずらいかも。よーく観察するとアイパッチとか白黒の模様とか、ホクロの位置だとかの違いでわかります。

一見大人しそうに見えるシャチ、英名はキラーホエール(Killer Whale)海の殺し屋と呼ばれ、文字どおりクジラをも集団で襲い捕食する。
世界最大の動物であるシロナガスクジラまで襲うなど、海では事実上敵なしである。

食性は肉食性で海洋における食物連鎖の頂点に君臨し、武器を使う人間を除けば自然界での天敵は存在しません。逆にいえば、武器を使わないアルティメットでは地球上最強の生き物なのです。
数種類の生物を捕食することから獰猛で貪欲な捕食者、海のギャングとして恐れられていますが、知能が高く、捕食する以外の目的で生き物を殺すことはなく、すなわち、必要のないものをむやみに襲うことはしないのです。

アザラシを捕食する際も子供に狩りを教えるために必要以上にもてあそぶ時があると報告されています。
魚・イカ・海鳥・ペンギン、比較的大きなものではアザラシ・オタリア・イルカ・ホッキョクグマ、クジラやサメなど、捕食する獲物は多岐に渡り、それぞれの生息エリアで最も捕食しやすい動物を餌にするといわれています。

社会性があるシャチは群れで協力し、流氷の下からの奇襲や挟撃など、まさしく最強のスナイパーです。又、クリック音を捕食対象に当てて麻痺させ、捕食しやすくする行動も知られています。 浜辺にいるアシカなどに対して、そこへ這い上がって来て捕食する事例も目撃されています。

攻撃力だけしかなく攻められれば弱いサメとは違い、攻守共に非常に高い能力も兼ね備えている。知能や索的能力も含めて全般的にポテンシャルが高く、まさしく地球上最強といっても過言ではない。獰猛なサメでさえVSシャチとでは、歯がたたないのである。
又、知能は大変高く集団で狩りをすることもある。鯨類は全般的に視力が良くないが、シャチは鋭い視力を持ち、 泳ぎも速く最高速度は80kmにも達する。

日本では、北海道沿岸でシャチの出現が多かった為、アイヌ語でシャチをレブン・カムイ(沖をつかさどる神)と呼びシャチが登場する神話がある。又、古代人によるシャチを型どった偶像も出土している。根室海峡では主に知床半島の北東岸・羅臼から相泊沖で流氷時期と夏に 、数頭から十数頭の規模の群れが時々観察されている。

一般的にシャチは冷水域を好みますが、世界中の海域に生息し、クジラ目としては珍しく地中海やアラビア海にも生息すします。捕食対象なる魚類や動物が多いことなどから、特に極地付近の沿岸に多く住み、地球上で最も広く分布する哺乳類の一種です。
1日に100kmも移動することも報告されていて、日本では北海道の根室海峡から北方四島に多く、その他、和歌山県太地町にて度々目撃されていて、稀に東京湾での目撃例もあります。


ラビー♀ 1998年1月11日生まれの長女+ルーナの母親(父ビンゴ 母ステラ)
ララ♀  2001年2月8日生まれの次女(父ビンゴ 母ステラ)
ラン♀  2006年2月25日生まれの三女(父ビンゴ 母ステラ)
ルーナ♀ 2012年7月19日生まれの母親はラビー(父オスカー 母ラビー)






最新動画はここから





#鴨川シーワールド #シャチ #シャチパフォーマンス #オルカ #ラビー #ララ #ラン #ルーナ #リン #アース #ステラ #小松トレーナー #辰野トレーナー #軽部トレーナー #岩田トレーナー #鈴木トレーナー #布留川トレーナー #宮川トレーナー #平野トレーナー #刈込トレーナー #廣瀬トレーナー #名古屋港水族館 #サマースプラッシュ   #killerwhale #orca #killerwhale performance #orca performance #orca show #killerwhale show