鴨川シーワールドシャチパフォーマンスの感動はここから始まる


雄大な太平洋を背景に繰り広げられる海の王者最強敵なし、シャチの驚愕スーパーアトラクション。好奇心が旺盛で性格が優しいシャチがトレーナーさんとふれあい、オースタ観客2000人+立ち見フルボッコ必至。大迫力のジャンプ&ブッかけ&ダイナミックなパフォーマンスショーを開催していますwww


#killerwhale
#Killer whale performance
#orca performance
#Killer whale show
#orca show
#Sea World San Diego
#Sea World
#Orlando Sea World
#San Antonio
#killerwhaleshow
#orca
#killerwhale
#killer whale show





オルカ最新動画はここから




日本でシャチが見られるのは、千葉県の房総半島の鴨川シーワールドと愛知県の名古屋港水族館だけです。この他、南知多ビーチランドのイワシとスナメリの幻想的な水中ショーのサマースプラッシュ、静岡県伊豆下田海中水族館はイルカと泳げる、ぎょぎょランドは豊川の生息の魚の展示、東京のマクセルアクアパーク品川は輝きに包まれる星空の海へのサマースプラッシュ、なかがわ水遊園のドリームジャングルナイトのサマースプラッシュ、水族博物館うみがたりのART OF DOLPHIN、万博公園のニフレル、神奈川県金沢区の横浜八景島シーパラダイスのジンベイザメのサマースプラッシュ、豊島区池袋のサンシャイン水族館のケープペンギン、世界最大級の海遊館のサマースプラッシュ、同じく千葉県勝浦市のかつうら海中公園の海中展望のサマースプラッシュ、ラブカ研究の東海大学海洋博物館、ワンコ入場OKの静岡県の伊豆三津シーパラダイス、碧南海浜水族館の謎だらけのコウモリ展、黒潮の海の和歌山県立自然博物館、三重県の鳥羽水族館は伊勢志摩の海、瀬戸内海の海洋博物の渋川マリン水族館のサマースプラッシュ、東京都墨田区の東京スカイツリーにあるすみだ水族館のサマースプラッシュ、品川区のしながわ水族館のイルカショーのサマースプラッシュ、お一人様ナイトの宮城県の仙台うみの杜水族館、新屋島水族館のマナティーのサマースプラッシュ、神奈川県三浦半島の三浦市の京急油壷マリンパークのコツメカワウソ、東北の35周年の青森県営浅虫水族館のサマースプラッシュ、世界で最も美しい九十九島水族館海きらら、三重県のパンダのいるアドベンチャーワールドのサマースプラッシュ、ファンタジックな出会いの志摩マリンランド、貸し切りも出来る神戸市立須磨海浜水族館、神奈川県藤沢市の湘南のクラゲファンタジーの新江ノ島水族館のサマースプラッシュ、串本海中公園のステラマリス、アニマルオールスターズのマリンワールド海の中道、北海道の登別マリンパーク二クスのイワシパフォーマンスのサマースプラッシュ、動物達と仲良くなる九州の大分県の大分マリーンパレス水族館うみたまご、進化し続ける城崎マリンワールドのサマースプラッシュ、マグロが回遊する東京都葛西臨海水族館のサマースプラッシュ、蒲郡市竹島水族館の愉快なアシカショーのサマースプラッシュ、静岡県の冷凍シーラカンスのある沼津港深海水族館シーラカンスミュージアムのサマースプラッシュ、イルカと触れ合えるわくわく海中水族館シードーナッツ、秋田県のなまはげシャトルの男鹿水族館GAOのサマースプラッシュ、サメの飼育数全国ナンバーワンのアクアワールド茨城県大洗水族館、淡水魚の虹の森公園おさかな館のサマースプラッシュ、劇場型イルカパフォーマンスショーの京都水族館のサマースプラッシュ、海無し県埼玉の荒川の魚がいるさいたま水族館のサマースプラッシュ、人と地球の未来を考える環境水族館アクアマリンふくしま、東南アジアのグリーンドームねったいかんのサマースプラッシュ、カエル展示日本一のあわしまマリンパークのサマースプラッシュ、神奈川県の箱根芦ノ湖湖畔にあるバイカルアザラシの箱根園水族館のサマースプラッシュ、ペンギンお散歩の越前松島水族館のサマースプラッシュ、高知県の四国最大の足摺海洋館、北海道のトドのショーの市立室蘭水族館のサマースプラッシュ、福島の湖沼アクアマリンいなわしろカワセミ水族館、三重県の伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイスのめおとカワウソのサマースプラッシュ、新潟県新潟市水族館マリンピア日本海のラッコ、神奈川県中区の横浜中華街にあるお笑いヨコハマおもしろ水族館のサマースプラッシュ、淡水魚専門の山梨県立富士湧水の里水族館、中海の島根県立宍道湖自然館ゴビウス、フンボルトペンギンの長崎ペンギン水族館、アカメのいる桂浜水族館、海響館のフグのサマースプラッシュ、新潟県のコバンザメの寺泊水族博物館のサマースプラッシュ、東京の魚の大水槽がある足立区生物園、島根県のしまね海洋館アクセスのシロイルカのサマースプラッシュ、電気ウナギのサンピアザ水族館のサマースプラッシュ、エビとカニの水族館のカブトガニ、日和佐うみがめ博物館カレッタの海亀、四万十川水系の魚の四万十川学遊館あきついお、すみえファミリー水族館のカエルアンコウ、北海道のサケのふるさと千歳水族館のサケタッチ、のとじま水族館のジンベエザメのサマースプラッシュ、宮島水族館のドクターフィッシュ、北海道小樽市のおたる水族館のトドの豪快ダイブ、沖縄県のジャイアントマンタの沖縄美ら海水族館、富山湾の深海魚の魚津水族館のサマースプラッシュ、北海道のノシャップ寒流水族館のアザラシショー、茨城県の霞ヶ浦水系のかすみがうら市水族館、琵琶湖の魚展示の滋賀県立琵琶湖博物館、金魚のふるさと郡山金魚資料館、井の頭自然文化園水生物館のヤマメ、姫路市立水族館のマダコのサマースプラッシュ、大型回遊魚の京都大学白浜福島県の水族館、長崎県の諫早ゆうゆうランド干拓の里むつごろう水族館のムツゴロウ、三重県の大地町立くじらの博物館のクジラショー、山方淡水魚館のオオサンショウウオ、鹿児島県のかごしま水族館のピラルクーのサマースプラッシュ、宮崎県の高千穂峡淡水魚水族館のドンコ、世界一のクラゲ水槽の鶴岡市立加茂水族館、なぎさ水族館のタッチングプール、道の駅やよい番匠おさかな館のスマトラのサマースプラッシュ、北の大地の水族館のイトウ、オオチョウザメがいる美深町チョウザメ館等の水族館施設では、シャチの飼育展示は行っていません。








鴨川シーワールド、名古屋港水族館、神戸須磨水族園のシャチ。


日本でシャチが見られるのは、千葉県房総半島の端っこ、都心からは決してアクセスも良いとはいえない、鴨川シーワールド以外には亀田総合病院とオルカ鴨川FCと大山千枚田と千葉ロッテマリーンズの秋季キャンプとサーフポイント位しかない鴨川市の鴨シーと、愛知県のアクセスはそこそこその名古屋港水族館だけです。 そこに新たにアクセスも抜群な立地条件でオシャレなイメージがある神戸の、神戸市立須磨海浜水族園が加わります。 行ったことはありませんが、なんとなく横浜と似ているような感じがします。 港町だったり、中華街だったり、1日遊ぶには事欠かないエリアかと思われます。

その神戸須磨海浜水族館の4年後のリニューアルオープンに伴い目玉のシャチはどこから調達する? 鴨川シーワールドから? 名古屋港水族館から? それとも海外の水族館からレンタル? 新たに捕獲? 

現在、鴨川シーワールドの母体であるグランビスタはサンケイビルの傘下に入っています。そのサンケイビルが須磨海浜水族園リニューアルオープンに関与しています。問題は、ここで飼育展示及びパフォーマンスショーをやるシャチを何処から調達するかという事です???名古屋港水族館みたいに普通の飼育展示ならともかく、全く新しい個体を調達し、シャチパフォーマンスショーをやるとなるとかなりの期間が必要になるはずです。

手っ取り早いのが、鴨川シーワールドのトレーナーさんとペアでシャチを移送するのではないか?との憶測があります。

メインはシャチパフォーマンスショーで間違いありません。
須磨海浜水族園にシャチが来る!
2024年春リニューアルオープンへと青写真が出来上がっています。


なんとなく、鴨川シーワールドのオーシャンスタジアムと名古屋港水族館のイルカ&シャチプールを足したような形状にソックリwww

sumaaq1.jpg


どうなってしまうのか?
鴨川シーワールドのラビー、ララ、ラン、ルーナとトレーナーさん達!



神戸市は市立須磨海浜水族園を含む須磨海浜公園一帯を再整備・運営する公募を行い、サンケイビルを代表とする企業グループを優先交渉権者に決めました。提案によると水族園を建て替え、公園内にホテルやレストランや海浜リゾートパークを建設するそうです。中心施設となる新たな水族館は、つながるエデュテイメント水族館がキャッチフレーズ。シャチスタディアム、イルカスタディアム、アクアライブの3棟で構成されるようです。延べ床面積は2万2271平米で現在の1,5倍。総水量は1万4528トンで現在の約5倍。総水量ベースでみた規模は名古屋港水族館に次ぐ全国2位となり、海遊館を抜き西日本最大の水族館で、鴨川シーワールドより、かなり大きい規模の一体型リゾート&水族館が出来上がります。


だったら、鴨シーも頼むよサンケイ!
鴨シー&シーホテルもリニューアルを!
名古水クラスのでっかいシャチプールを!


2019年11月4日時点の情報ですが、神戸須磨側の市議?が鴨川シーワールドに視察に来ました。恐らくシャチパフォーマンスショーを見て度肝を抜かされたと思います。常連さんや地元のシャチ好きの方の間でも、色々な推測や観測的希望の話が出ています。シャチは4頭残るのか?2頭体制でパフォーマンスショーを続けるのか?あるいは3頭残るのか?仮に神戸に移動するとしても、ラビー、ララ、ラン、ルーナのどのシャチが行くのか?神戸須磨水族園でショーを始めるとなると、この4頭の中から何れかのシャチとトレーナーさんを含めて、連れて行くと推測するのが、妥当かと思われます。名古屋港水族館みたいに飼育展示、トレーニングだけなら海外の水族館からレンタルとか、新たに捕獲とかも考えられますが、ショーとなると話が違ってきます。リニューアルオープンまであと4年余り、鴨川シーワールド・名古屋港水族館・神戸須磨海浜水族園の動向から目が離せません。


鴨川シーワールド近隣の宿泊施設は、鴨川シーワールドホテルを含め老朽化が著しいため、あちこちで改修工事を行っています。鴨川館はすでに改修工事終了、鴨川グランドホテルも改修工事は終了したみたいだが、外観はそれ程変わらず。かんぽの宿鴨川は来年2020年4月から2021年1月まで改修工事により長期に渡り休館。開業から50年になる鴨川シーワールド及び、鴨川シーワールドホテルもご存知のように老朽化が躊躇。そう遠くない時期にシーワールドは改修。ホテルは改修というより解体して新たに新設する予定だと聞いていましたが、その計画が頓挫しているようです。ホテルはぶっ壊せばイイだけだけど、問題はシーワールドのシャチを始め、イルカや大型海獣達の扱いです。当ブログではシャチオンリーなので、シャチに限った推測をしていきます。


鴨川シーワールドは1970年10月に、八洲観光株式会社によって開業。イルカやアシカなど海獣の展示飼育に力を入れ、猛獣とされていたシャチを飼育調教した。シャチ以外の海獣によるパフォーマンスショーもある。 開園当初からシャチの飼育は行っていたものの、マギー(雌)が1997年3月3日に出産したものの逆子のため僅か30分で死亡する。1997年10月5日に出産した第2子も当日に死亡し、マギーも2日後に死亡。 1997年にステラ(雌)とビンゴ(雄)の間で繁殖が確認され、1998年1月に第一子の出産に成功しラビーと名付けられて繁殖賞を受賞した。この快挙で鴨川シーワールドの知名度が上がり来園者数も大幅にアップする。 後に同じペアで2001年にララ、2003年にサラ2006年に死亡、2006年にランの計4頭のシャチ(全て雌)が誕生し、パフォーマンスで活躍している。また2008年10月には、10歳になったラビーと、推定23歳のオスカー(雄)との間に三世代目となる個体アース(雄)が誕生した。同ペアからは2012年7月にルーナ(雌)も誕生し、現在は4頭のシャチ(全頭雌)でパフォーマンスを行っています。



■鴨川シーワールドは、千葉県鴨川市の東条海岸と国道128号に挟まれて立地する、大規模な総合海洋レジャーセンターの博物館施設。グランビスタ ホテル&リゾートが運営
〒296-0041 千葉県鴨川市東町1464−18
管理運営: 株式会社グランビスタ ホテル&リゾート(旧八洲観光→三井観光開発)
事業主体: 民間

■名古屋港水族館は、愛知県名古屋市港区の名古屋港ガーデンふ頭にある公立の水族館。一部事務組合の名古屋港管理組合が設置し、指定管理者として公益財団法人名古屋みなと振興財団が管理・運営を行っている。また、名古屋みなと振興財団の事務局も同水族館内に設置されている。2017年現在、日本最大の延床面積を誇る水族館。
〒455-0033 愛知県名古屋市港区港町1−3
管理運営: 公益財団法人名古屋みなと振興財団(指定管理者)

■神戸市立須磨海浜水族園は、神戸市須磨区の須磨海浜公園内にある水族館。愛称スマスイ
〒654-0049 兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3−5
管理運営: 須磨海浜水族園共同事業体(指定管理者)
事業主体: 兵庫県神戸市

■鴨川シーワールドのシャチ
ラビー♀ 1998年1月11日生まれ(父ビンゴ 母ステラ)
ララ♀  2001年2月8日生まれ(父ビンゴ 母ステラ)
ラン♀  2006年2月25日生まれ(父ビンゴ 母ステラ)
ルーナ♀ 2012年7月19日生まれ(父オスカー 母ラビー)

■名古屋港水族館のシャチ
ステラ♀ 1985年 アイスランドで採捕
リン♀  2012年11月13日生まれ(父ビンゴ 母ステラ)
アース♂ 2008年10月13日生まれ(父オスカー 母ラビー)







最新シャチオンリー動画はここから




#鴨川シーワールド #シャチ #シャチパフォーマンス #オルカ #ラビー #ララ #ラン #ルーナ #リン #アース #ステラ #小松トレーナー #辰野トレーナー #軽部トレーナー #岩田トレーナー #鈴木トレーナー #布留川トレーナー #宮川トレーナー #平野トレーナー #刈込トレーナー #廣瀬トレーナー #名古屋港水族館 #サマースプラッシュ #killerwhale #orca #killerwhale performance #orca performance #orca show #killerwhale show





鴨川シーワールドの対シャチ対戦成績が0勝300敗になった件


全般にシャチは心の優しい哺乳類で、捕食する以外の目的で生き物を殺すことはせず、母親を中心にその子供達と母親の兄弟・姉妹等の血縁関係による群れ社会を形成する。 日本では北海道沿岸でシャチの出現が多かった為、アイヌ語でシャチをレブン・カムイ(沖をつかさどる神)と呼びシャチが登場する神話がある。又、古代人によるシャチを型どった偶像も出土している。根室海峡では主に知床半島の北東岸・羅臼から相泊沖で流氷時期と夏に、数頭から十数頭の規模の群れが時々観察されている。


英名はキラーホエール(Killer Whale)海の殺し屋と呼ばれ文字どおりクジラをも集団で襲い捕食する。世界最大の動物であるシロナガスクジラまで襲うなど、海では事実上敵なしである。攻撃力だけしかなく攻められれば弱いサメとは違い、攻守共に非常に高い能力も兼ね備えていて、知能や索的能力も含めて全般的にポテンシャルが高く、まさしく地球上最強といっても過言ではない。獰猛なサメでさえVSシャチとでは、歯がたたないのである。又、知能は大変高く集団で狩りをすることもある。鯨類は全般的に視力が良くないが、シャチは鋭い視力を持ち、 泳ぎも速く最高速度は80kmにも達する。


*トランジエント
(イルカや鯨等、他の海獣が主食で一般にイメージされるシャチで獰猛とされる)

*レジデント
(魚食性のシャチは他の哺乳類を襲う事はなく、飼育されているシャチはこの部類)

*オフショア
(回遊しながらいろいろなものを食べる雑食性)






最新シャチパフォーマンス動画はここから